ケトルベルトレーニングの歴史

ケトルベルってどんなもの?
スポンサーリンク

皆さんがトレーニング器具、と聞いて真っ先に思い浮かぶ器具は何でしょうか?

ダンベルでしょうか?バーベルでしょうか?ゴムチューブやエアロバイクなんて方もいるかもしれませんね。

ケトルベルと言う器具はご存知でしょうか。

ケトルベルはロシア発祥のトレーニング器具です。
ロシアでは「ギラ」だとか「ギレ」等と呼ばれています。

見た目は「鉄の球体に取っ手が付いたもの」で、簡単に言えば「変わった形のダンベル」と思っていただいて結構です。
見た目が「ケトル(やかん)」に似たダンベルなのでケトルベルと呼ばれています。

8kgのケトルベル。武骨な鉄の塊です。

昨今のトレーニング、ダイエットブームにより、毎年のように様々なトレーニング器具が紹介され、雑誌やテレビなどで売られていますね。
しかし、それらが毎年のように発売され、そして消えて行っているのも事実。
2年、3年と続けてテレビや雑誌などで紹介されているトレーニング器具やダイエット器具

ケトルベルも、一時期からSNSなどでトレーニング風景を紹介しているプロスポーツ選手やモデルさん、トレーニングに取り入れているのをみて、同様の「何かよくわからないけど、凄そう」「流行っているんだろうなぁ」等と言った印象を持たれた方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、ケトルベルは昨今の出ては消えるトレーニング、ダイエット器具とは違います。

ケトルベルの歴史は古く、18世紀初頭には存在していました。凄く古くから鍛錬の道具として使われています

現在においては、体幹に対する刺激や、バランス能力の向上、全身運動によるフィットネス効果から、ボディビルディング、ダイエット、格闘技の補強などの様々な目的で使われる以外にも、ケトルベルを用いたトレーニング種目の使用重量や回数を競うスポーツ(ギレヴォイ・スポーツ)も行われています。

段々メジャーになってきているとはいえ、まだまだ謎の多いトレーニング器具。

次回以降はケトルベルの基礎知識より「どんな人にケトルベルをおススメか」といったことを解説していきたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました